強烈なショック症状 | 猫のノミダニ対策はフロントラインプラスで行おう!

猫のノミダニ対策はフロントラインプラスで行おう!

強烈なショック症状

「強烈なショック症状」のフォトイメージです。

ノミは非常に小さな虫で、全長0.5ミリから1ミリ程度の大きさしかありません。
更に、身体の色が黒もしくは茶系の色をしているので、猫の体毛の色によっては体に住み着いているのを見つける事が出来ない場合もあります。
ですが、見つからないからと言って放置していると大変な事態にもなりかねないのです。

ノミはアレルギーを引き起こす事で知られています。
アレルギーというのは身体の免疫細胞が過剰に反応を起こし、ノミなどに噛まれた際に患部に強い痒みが現れたり、時には蚯蚓腫れと呼ばれるような物がぼこぼこと体に浮き出てくることもあります。
私たち人間の場合、アレルギーが原因で体が痒くなってきた際などは専用の薬を服用することによって症状を抑える、もしくは痒くても我慢するなどの対策を取ることができますが、猫などの動物の場合、痒ければそのまま掻いてしまいます。
?いてしまうと体に傷が出来てしまい、そこから菌が入り込むと患部が化膿したり炎症を起こしてしまう事があります。
そうなると身体に傷跡が残ってしまったり、傷になった場所に毛が生えなくなり、身体の表面がボロボロになってしまう事もあるのです。
更にノミは「アナフィラキシーショック」と呼ばれる非常に強烈なショック症状を引き起こすことがあります。
この症状が現れると最悪の場合心停止を起こすこともあり、心停止後に何も策を講じなければそのまま命を落としてしまう事もあるのです。

なので、もしノミがペットの体に居るのが分かった場合、フロントラインプラスのような駆除薬を使用し、確実にペットからノミを駆除してあげる必要があります。
もしも猫の体の表面を黒いゴマ粒のようなものがぴょんぴょんと跳ねているのを見つけた場合、速やかにフロントラインプラスを使用してあげましょう。