バベシア症に注意 | 猫のノミダニ対策はフロントラインプラスで行おう!

猫のノミダニ対策はフロントラインプラスで行おう!

バベシア症に注意

「バベシア症に注意」のフォトイメージです。

ダニはノミと比べると大型の虫で、全長5ミリから1センチほどの大きさで、身体に噛みつくと小さなイボのように見えるという特徴があります。
なので、猫が散歩から帰ってきたらなんだか見覚えのないイボが身体に幾つかできている、と思って調べてみるとそれらは全てダニだった……というような、想像するだけで背筋がゾッとするような経験をしたことがある人もいるでしょう。
そして、このダニというのは実はノミ以上に恐ろしい症状を引き起こす事があるのです。

ダニの中でもマダニと呼ばれる種類のダニは体内に「バベシア症」と呼ばれる症状を引き起こす可能性のある寄生虫を宿しています。
このバベシア症というのは宿主の血液中に存在する赤血球を破壊する、という非常に恐ろしい症状を引き起こすのです。
発症後、しばらくの間は貧血のような症状が出ているのですが、初期症状が終わってから数週間経過の間放置していると、突然命を落としてしまう事もあります。
そして、このバベシア症というのはなんと「人間にも感染する」という報告があるので、もしマダニに噛まれた猫を放置しているのなら飼い主であるあなたもバベシア症になってしまう可能性があるのです。

その為、もしペットの体にダニが付着しているのを見つけたのなら、確実にフロントラインプラスなどを使用して駆除を行ってあげるようにしましょう。
また、身体からダニを除去する際は決して指や市販のピンセットで摘み取らず、専用の除去具を使用して除去を行うようにしましょう、そうしないとダニの口が猫の体の中に残り、そこから傷口が化膿してきてしまう可能性があるのです。